仙台にあるクリニックで二重の整形を受けました

一重のコンプレックスから内向的に

私の昔からの悩みは、一重の小さな目でした。
自分が周りと比較すると目が小さいことに気付かされたのは中学生の時で、友人たちと一緒に写った写真を見て驚いてしまいました。
友人たちは二重のぱっちりとした目を持っている人が多く、それに比べて私の目は明らかに小さかったのです。
そして目がコンプレックスになった最大の原因は、クラスメイトの男子にからかわれたことでした。
その男子は私の顔をまじまじと見て、ちゃんと目を開けてるのかと聞いてきました。
男子は真面目な顔をしていたので、もしかしたら本当に私が目を開けていないと思ったのかもしれません。
ほかの人から見ると、まるで目を開けていないように見えてしまうほど小さな自分の目が、私は大嫌いになってしまったのです。
目に関する悩みはその後も続き、次第に私の性格は内向的になっていきました。
人と接することが怖くなってしまい、人の目を見て話をすることができなくなっていったのです。
目を合わせると中学生の時のようにまたからかわれてしまうのではないかと考えてしまい、それができなくなってしまいました。
それと同時に、いつかお金を貯めて美容整形を受けたいと考えるようになっていったのです。
私が一重の目で悩んでいることは両親は知っており、そのせいで性格が暗くなってしまったことを心配してくれていました。

一重のコンプレックスから内向的に | 仙台の信頼できるクリニックで美容整形を受けた | 理想の二重になれて自信を持てた